ミアーニ
MIANI

イタリア幻のワイン

名前は広く知られているが、実際口にしたことがある人は多くない。
そのようなワインの代表格といえるのが、ミアーニだ。

イタリアワインの中でカルト的な存在として有名であり、地元フリウリでも容易に手にすることはできない幻のワインのひとつとして知られている。

 

畑に活きる男エンツォ・ポントーニ

一代でこのワインを造り上げた醸造家のエンツォ・ポントーニは、イタリアの生ける伝説といっても過言ではない。
エンツォは文字通り畑に生きている。


手を洗うぐらいでは取れない泥が、割れた爪の中やひび割れた皮膚に入り込んだグローブのような大きな手が、黙々と畑と向き合う彼の姿勢を物語る。

驚くほどの凝縮感とエネルギー

現在、フリウリのグランクリュと目されるブットリオとロザッツォの13haの畑でブドウを栽培しているが、ミアーニの名を冠してリリースされるのは多くても年間12,000本のみ。
生産量は通常では考えられないほど少ない。

「良いワインを造りたい」その一心から、徹底的な剪定とグリーン・ハーヴェストによりフリウリで最低といわれるレベルまで収量を下げ、厳しい選果で最高のブドウのみがセラーに入ることができ、バレル・セレクションにより求める基準に達しないワインは瓶詰めされないからである。

探求は続く

「年を重ねるごとに畑仕事にのめり込んでいった」というエンツォのブドウ栽培には本当に一切の妥協がない。
世間の評価や周囲の評判など気にかけず、畑仕事に没頭する中、ワインも徐々に変化しており、パワーだけでなくフィネスも求めたスタイルへと移行している。
また、更なるテロワールの個性の表現を目指し、十分な樹齢やクオリティに達した地所ではブレンドせず個別に瓶詰めするようになった。
ワイン造りにおいてブドウがワインのクオリティを決定する、とよく言われるが、彼のワインほどその言葉を実感させられるものはないだろう。
恐ろしいほどの低収量が生み出す途方もない凝縮感とエネルギーに圧倒され、同時に対照的な透明感と爽やかさに驚かされる。
優れた畑を買い足し、新たなキュヴェをリリースするなど、世界的な名声を確立した今もエンツォのワイン造りへの探求はまだまだ続く。

自社倉庫による熟成

わずかな数が市場に出ても、あっという間に消えてしまうミアーニ。
飲み頃のミアーニを入手するのは至難の業です。
私たちイル・カーリチェでは、少しでも飲み頃に近づけてからお客様の元へお届けしたいと、何年もかけて買いためてきたミアーニのワインを自社倉庫で熟成させてきました。

今回は倉庫管理の関係上、僅かな本数と熟成期間ではありますが、バックヴィンテージのミアーニワインを限定販売させて頂く事になりました。
市場には出回っていない貴重なワインですので、この機会をぜひお見逃しなくご購入ください。

もちろんまだまだ熟成させる事は可能なポテンシャルなので、ワインセラーをお持ちの方は更なる熟成を待つことをお勧めいたします。

ミアーニ
MIANI

イタリア幻のワイン

名前は広く知られているが、実際口にしたことがある人は多くない。
そのようなワインの代表格といえるのが、ミアーニだ。

イタリアワインの中でカルト的な存在として有名であり、地元フリウリでも容易に手にすることはできない幻のワインのひとつとして知られている。

 

畑に活きる男エンツォ・ポントーニ

一代でこのワインを造り上げた醸造家のエンツォ・ポントーニは、イタリアの生ける伝説といっても過言ではない。
エンツォは文字通り畑に生きている。


手を洗うぐらいでは取れない泥が、割れた爪の中やひび割れた皮膚に入り込んだグローブのような大きな手が、黙々と畑と向き合う彼の姿勢を物語る。

驚くほどの凝縮感とエネルギー

現在、フリウリのグランクリュと目されるブットリオとロザッツォの13haの畑でブドウを栽培しているが、ミアーニの名を冠してリリースされるのは多くても年間12,000本のみ。
生産量は通常では考えられないほど少ない。

「良いワインを造りたい」その一心から、徹底的な剪定とグリーン・ハーヴェストによりフリウリで最低といわれるレベルまで収量を下げ、厳しい選果で最高のブドウのみがセラーに入ることができ、バレル・セレクションにより求める基準に達しないワインは瓶詰めされないからである。

探求は続く

「年を重ねるごとに畑仕事にのめり込んでいった」というエンツォのブドウ栽培には本当に一切の妥協がない。
世間の評価や周囲の評判など気にかけず、畑仕事に没頭する中、ワインも徐々に変化しており、パワーだけでなくフィネスも求めたスタイルへと移行している。
また、更なるテロワールの個性の表現を目指し、十分な樹齢やクオリティに達した地所ではブレンドせず個別に瓶詰めするようになった。
ワイン造りにおいてブドウがワインのクオリティを決定する、とよく言われるが、彼のワインほどその言葉を実感させられるものはないだろう。
恐ろしいほどの低収量が生み出す途方もない凝縮感とエネルギーに圧倒され、同時に対照的な透明感と爽やかさに驚かされる。
優れた畑を買い足し、新たなキュヴェをリリースするなど、世界的な名声を確立した今もエンツォのワイン造りへの探求はまだまだ続く。

自社倉庫による熟成

わずかな数が市場に出ても、あっという間に消えてしまうミアーニ。
飲み頃のミアーニを入手するのは至難の業です。
私たちイル・カーリチェでは、少しでも飲み頃に近づけてからお客様の元へお届けしたいと、何年もかけて買いためてきたミアーニのワインを自社倉庫で熟成させてきました。

今回は倉庫管理の関係上、僅かな本数と熟成期間ではありますが、バックヴィンテージのミアーニワインを限定販売させて頂く事になりました。
市場には出回っていない貴重なワインですので、この機会をぜひお見逃しなくご購入ください。

もちろんまだまだ熟成させる事は可能なポテンシャルなので、ワインセラーをお持ちの方は更なる熟成を待つことをお勧めいたします。

※お買い上げに関しましてご注意書き
・一種類につきお一人様1本までとさせて頂きます。
・当店でご購入が初めてのお客様に関しまして、初回ご購入時は「銀行振込のみ」のご対応とさせて頂きます。
クレジットカード詐欺が横行している事情をお汲み取り頂き、ご了承頂ければ幸いです。
振込手数料は弊社で負担させて頂きます。

※お買い上げに関しましてご注意書き
・一種類につきお一人様1本までとさせて頂きます。
・当店でご購入が初めてのお客様に関しまして、初回ご購入時は「銀行振込のみ」のご対応とさせて頂きます。
クレジットカード詐欺が横行している事情をお汲み取り頂き、ご了承頂ければ幸いです。
振込手数料は弊社で負担させて頂きます。