これは買い!!掘り出しモンのちょい熟ロッソ♪

どうも、ちゃんもりです。

イル・カーリチェの店長のはずですが、最近常連様に店内でお会いしますと「久しぶりじゃん」と言われてしまうことが多いです。
たまには店頭で陣頭指揮を執るべきなのでしょうが、最近はすっかりパソコンの付属品みたいにカタカタしております。

忘れられないように頑張って「こいつはオンラインでも濃いな。」と思われるくらい自己主張していきます!!

さて、今日ご紹介するのは掘り出しモンの赤ワイン!
こういう絶妙な「ちょい熟」ワインって実はなかなか入手し辛いんですよね。。

王家の紋章である鷹のラベルがイケてる「イル・ファルコーネ」
カステル・デル・モンテ ロッソ リゼルヴァ2012

世界遺産で有名なカステル・デル・モンテで造られる10年熟成の良い感じにこなれた赤ワイン!

葡萄品種は「ネーロ・ディ・トロイア」というプーリア州最古とも言われている土着品種に、安旨ブドウの代表格「モンテプルチアーノ」をブレンドしています。

10年熟成!と前面に押し出してはいますが、飲んでみると意外なほどフレッシュさが残っています。
南イタリアらしい瑞々しさとでも言いましょうか、フルーツ感がしっかりと感じられます。

その中でもタンニンがこなれていたり、フルーツの香りの中にほんのりとタバコや腐葉土といった熟成ワードが見え隠れする。
この絶妙なバランスね。
「まあ俺もちょっと大人の世界分かってきちゃった系?」みたいな、働き盛りで調子に乗ってる30代前半男性のようなイメージが「ちょい熟」の魅力なのです。(超偏見)

南イタリアのワインって良くも悪くも荒々しい仕上がりのワインも多いですが、そんなイメージを払拭してくれるワイン。
フレンチオークも使用しており、リッチな雰囲気も備えています。

なかなかジビエをご用意するのは大変でしょうが、炭火焼きのラムなんかあったら最高ですね。
炭火焼なんかできねーよというツッコミが聞こえてくるようですが、フライパンでももちろん美味しいですとも。

骨付きラムを買って、カ〇ディさんとかで売ってるレモンパスタソースに一晩漬けこんで焼くだけでも最高の相棒が出来上がりますよ。
これを機にちょっと贅沢家つまみ、作ってみませんか?

イル・ファルコーネ2012年
3,700円(税抜)

イル ファルコーネ2012

週末の一本にいかがでしょう?
ぜひお買い求め下さーい。