ヴィノテカサクラ新作デリ♪

チャオ!
店長のちゃんもりです!

あっという間に1年の半分が過ぎてしまいましたね。
なかなか明るい日々が見えない日々ですが、出来る限り楽しく笑って暮らしていきましょう!

私たちにできることと言えば、せめてご自宅での時間を良質に過ごしてもらいたい。
そんな思いで毎日ワインやおつまみをご紹介させて頂いてます!

さて、そんな中でご好評頂いております「ヴィノテカサクラ」のスペシャルデリ!
7月の新作を試食いたしましたので、その一部をご紹介いたします!

まずはこちら!
【焼き野菜のマリネ】(写真は2人前程度の分量です)

いきなりですが、これは激ウマ!!
ゴロゴロっとカットされた野菜たちがグリルで旨味がギュッと詰まって、シェリーヴィネガー&オイルでマリネされています。
「白茄子」や「紅くるり大根」といった、普段スーパーではあまり見かけないような野菜も入っています。

いやー、野菜がおつまみになるって呑兵衛的には最高ですよね。

次は
【夏鹿のブレザオラ(手前)】
【北海道産真イワシと黄色唐辛子 オレンジオイルマリネ】

「ブレザオラ」は塩漬けされた生ハムの一種で、元々は北イタリアのロンバルディア州のもので、豚肉や牛肉、馬肉など様々な種類のブレザオラが作られています。
今回ご用意してくれたのは鳥取産の鹿肉!

しっとりとした食感で、口に頬張ると鹿の旨味がじわっと広がります。
赤ワインにも漬け込んであるみたいですね~。
軽めの赤かロゼが良さそう!

レストラン仕立てで美味しいイチジクを付けてくれましたが、これはもう抜群!
デリには付属しないのでご自身でご用意して頂くか、カーリチェでセミドライイチジクを一緒にご購入頂くのもありかと思います!

そして「北海道産真イワシと黄色唐辛子 オレンジオイルマリネ」。
これがまた不思議な感じで美味しい。

というのも「刺身が辛い」という感覚が、我々日本人にはありそうでないんですよね。
ワサビとも違う、唐辛子の鮮烈なピリッとした辛味にオレンジフレーバーのオイルが良い具合に絡み、ワインを呼ぶ一品となってます。

そして最後は
【豚バラ肉とひよこ豆のンドゥイヤ煮込み トロペア産玉ねぎ添え】

夏テーマの一つとしてキーワードになったのが「辛い物」
暑いと辛い物を食べたくなりますよね~🌶

ただ「辛い物×ワイン」というのが難しいところ。
でもイタリアには「辛い物×ワイン」の鉄板組み合わせがあるんです🍷

それがイタリア本土の最南端。
ブーツの形でいうつま先の部分に当たるカラブリア州は、「ンドゥイヤ」を始めとした唐辛子をたっぷりと使った辛いものをよく食べる地域。
ンドゥイヤは言うなれば辛いサラミペーストで、一緒に煮こむと辛さだけではなく旨みを足してくれてます。

土着品種マリオッコで造られた赤ワインなど、この豚バラ煮込みにピッタリだと思います!

本当は「ンドゥイヤも自家製で」と無茶振りしたのですが、ンドゥイヤは発酵もさせなければいけないということで、なかなか難しいとシェフに却下されちゃいました。

そんな旨辛煮込みに付属するのは、赤玉ねぎのオーブン焼き。
こちらは「世界に名だたる」と言っても過言ではない赤玉ねぎの名産地である「トロペア産の赤玉ねぎ」を使用しています!
火を通すとめちゃくちゃ甘~くなる極上をご一緒にお楽しみください!

その他にも新作のパテとか、とっても美味しいガスパチョなどもございますのでお楽しみに!!

現在シール貼りなどを行っているので店頭には並んでいませんが、今日からもう買う事ができます!
野菜、魚系はかなり少量ですので、予約・取り置きなども承りますのでご連絡ください!

shop@il-calice.jp
045-227-5373

明日には必ず店頭に並んでいると思いますので、気になる方は是非!