パルマレス ロゼ スプマンテ

こんばんは!
前回の投稿最後に「Ciao!」と書いたつもりが「Cioa!」になっていました。

どうも、店長のチャンモリーニです。
ちなみにそのままにしてありますので、よかったら嘲笑してやってください。

さて、気にせず今回も先日に続き「テヌータ ゴルギ・トンディ」のワインをご紹介!
先日常連様にお勧めしたところ、大変気に入って頂いておかわり注文を頂きました。

パルマレス ロゼ スプマンテ!

こちらはシチリアの土着品種の一つである、ネロ・ダーヴォラ100%で造るスパークリングワイン。
刷りガラスのボトルがオシャレです。

黒ブドウ100%で造るスパークリングワインって、かなり骨格がしっかりとしていて果実味も濃く、ちょっと重たい仕上がりのワインが多いんですが、このパルマレスは違います。

黒ブドウ特有の濃厚な色合いですが、香りはイチゴやラズベリーといった甘酸っぱさを感じるチャーミングな印象。
飲んでみると果実のフレッシュな甘味をしっかりと感じながらも、軽やかな酸が同時にあと口をさっぱりとさせてくれるので、重たさを感じさせずスルスルと飲めてしまいます🍷

この綺麗な酸を含んだ軽やかさの秘密は、風通しの良い畑で育つブドウと、ポリフェノールが多くなりすぎる前に収穫するという徹底した管理のおかげ。

【ほんのり赤みがかったのがポリフェノール】

ポリフェノールが多いと渋みなどが強くなってしまうため、スパークリングワインには不向きなので、完全に色づく前に収穫するそうです。

ちなみにスティルワイン(非発泡性ワイン)のネロダーヴォラの畑はまた別の場所にあり、最適な管理で収穫しております。

【種の状態でコンディション管理】


ほどよい果実感もあるこのパルマレスは、やはりフードフレンドリーなスパークリングです。
がっつりお肉って感じもしませんが、サラミなどの前菜やパスタなど幅広いお料理に合わせられます。

ちなみに写真は「ブジアーテ アッラ トラパネーゼ」というシチリア名物のねじりパスタ。
トラパニ特産のピリッと辛味の強い赤ニンニクを使った、アーモンドとトマトのソースです。
めっちゃ美味かったんですよこれ。

【ブジアーテ アッラ トラパネーゼ】


ちなみにこのブジアーテはカーリチェでも最近入荷しましたので、今度作ってみようと画策してます🍷
その時はもちろんゴルギ・トンディのワインで。。

上手に作れたらアップしたいと思います!
それではまた!Ciao!

 

≪本日のご紹介≫
パルマレス ロゼ スプマンテ
https://www.il-calice.jp/product/gorghitondi10/
ブジアーテ
https://www.il-calice.jp/product/busiate/