モンテヴェトラーノMontevetrano

「南のサッシカイア」モンテヴェトラーノ

モンテヴェトラーノは写真家であるシルヴィア・インパラート女史がワインの世界に魅せられ、ワイン仲間たちの助けを受けながら誕生したワイナリーです。

まずはモンテヴェトラーノの誕生までのストーリーをご紹介します。

あるとき彼女の写真を気に入った特別な顧客に招かれ、ローマのとある有名なワインバーに訪れました。
彼らのグループはでは毎週木曜日の晩、閉店したバーに集まって世界中のワインを試飲していました。

彼女もその熱狂的ワイン愛好家のグループに仲間入りをしたのが始まりです。
80年代当時は現在とは全く状況が違っており、世界中のワインを試飲するという機会は大変貴重なものだったそう。

土着品種「アリアニコ」を使用して造る、ボルドーに負けないワイン。

中でもボルドーワインのテイスティングに触発され、カンパニア州の土着品種である「アリアニコ種」を使用してボルドーを超えるワインを造りだす事を決意。
「ワインと言えばフランス」という当時の風潮の中、シルヴィア女史はカンパーニア州サレルノの近くに、家族が所有していた土地でワイン造りをスタートしました。
現在ではイタリアワイン・ルネッサンスの立役者として名高い醸造家「リカルド・コタレッラ」氏の協力の元、僅か3ヘクタールのブドウ畑で少量のアリアニコを残し、接ぎ木したカベルネ・ソーヴィニョンとメルローを栽培し、1991年に初ヴィンテージとなるモンテヴェトラーノを完成させました。

次いで92年、93年ヴィンテージをリリースし、これらの異なるヴィンテージを3本「世界で最も影響力のあるワイン評論家」として名高いロバート・パーカーに送った所、「南のサッシカイア」と大絶賛されたことで一躍有名となり、世界の注目を集めました。

 

創業20周年記念から生まれたセカンドワイン。

偉大なモンテヴェトラーノのセカンドワイン「コーレ」は、元は創業20周年の時に造られた特別なキュベでした。
地元の方言で「ハート」を意味しており、イタリアの有名アパレルメーカーである「ドルチェ&ガッバーナ」のデザイナーを20年務めたオーナーの娘がラベルをデザイン。

ワイナリーの精神である「人生、ワインへの愛」を表現しています。

コーレ・ロッソはアリアニコ種100%を使用し、フランス産バリックで10ヶ月、瓶内で6ヶ月熟成させた赤ワイン。
アリアニコ種が持つパワフルさは残しつつ、ありがちな攻撃的なタンニンを極力抑えた仕上がりに。
透明感を感じるほどのクリアな口当たりと華やかさを表現しています。

白であるビアンコは、フィアーノ種とグレコ種を50%ずつブレンド。
開けたてから華やかに香るフルーツ感があり、ミネラルと塩気を感じつつも豊潤とした味わいです。
グレコ種の堅牢さとフィアーノ種の柔らかな心地よさが見事に融合。
絶妙な塩気が食欲を誘いつつ後を引く果実味が、次々とグラスを口に運んでしまいます。

記念ボトルとしてリリースした特別キュベでしたが、大成功を収めたコーレシリーズはその後も造り続けられ、今ではセカンドワイン的な位置づけとして人気を集めています。

「モンテヴェトラーノ・ファミリー」プロジェクト

小規模精鋭、小規模生産で確かなものを作り続けているモンテヴェトラーノは、その素晴らしい商品と誠意ある対応まで消費者に届けたいと考えています。
それには輸入元を含め、モンテヴェトラーノを直接お客様へご紹介するレストランや小売店と、密な関係を築かなければなりません。

そこで今回輸入元であるフードライナー様を中心に、モンテヴェトラーノを正しく理解してお客様へお伝えするグループ「モンテヴェトラーノ・ファミリア(ファミリー)」が発足されました。

これは日本全国でモンテヴェトラーノを取り扱うレストランや小売店のうち、約50店舗がアンバサダーとして認定され、ファミリー限定のセミナーや商品などを購入出来るグループです。

私たちイル・カーリチェも「いつでもモンテヴェトラーノを購入出来るお店」として登録され、ファミリアの一員となりました。

ファミリー限定のバックヴィンテージ

モンテヴェトラーノが「よりモンテヴェトラーノを表現できたヴィンテージ」と自信をもって勧める2003年、2009年、2013年の3ヴィンテージを限定数ながらご用意。

生産者蔵出しなのでコンディションも最高。
モンテヴェトラーノファミリー限定の商品です。

ギフトに、コレクションにぜひお見逃しなく。

下記リンクよりお買い求めいただけます。