かちかちパンフリゼッレの魅力に取りつかれてしまいました!

Buongiorno a tutti!!!!

マンマです!

 

今日はこのブログでも何度か紹介されているプーリアのかちかちパン、フリゼッレについてお話します♪

 

 

カリチェで大好評頂いています、ヴィノテカサクラのデリシリーズの今月のメニューの一つですが、私もすっかりはまってしまい、石橋シェフに無理を言って5個分のフリゼッレを譲ってもらっちゃいました♪

 

カチカチの秘密は、一度目焼きの後半分に切ったフリゼッレを更に低温で焼く事なのですが、サクラに取りに行った時点でまだ一度目焼きしかできていなかったので、そのまま持ち帰って家で二度目焼きを行いました。

 

130度で一時間ほどでカチカチに。

 

この状態になれば、長期保存も可能です。実際プーリアでは漁師さんが船に積み込んで漁に出ていた、なんて話もあります。

 

オススメは、トマト、ニンニク、バジルを合わせ、少しきつめに塩をしてオリーブオイルと混ぜた『ケッカソース』をのせる食べ方。

 

 

このソースは、トマトから水分が出るので、それをかちかちのフリゼッレにのせてふやかしながら食べるのですが、ここで私からの注意点をひとつ。

 

一度に2枚食べる予定でも、ケッカソースは一枚ずつのせることです。

 

理由は、ソースがしみ込みすぎると、崩れやすくなる事。それから、意外としっかり身が詰まっているパンなので、見た目よりもしっかりお腹に溜まる事です。

(3枚用意したけれど実際には2枚でお腹が一杯になってしまいました。)

 

 

もう一つ、暑い日に火を使わずに出来るアレンジメニューをご紹介します!!

 

水をしっかり吸わせて、

 

 

きゅうり、玉ねぎの薄切りに塩をしてしばらく置き、水で洗い流したらそれらの水分をぎゅっと絞ります。

 

ここにふやかしたフリゼッレをしっかり絞ったものと、プチトマトを半分に切って軽く絞ったもの(水気が多すぎると味がぼやけるため)、ツナ、バジル、ワインヴィネガー、塩、オリーブオイルで味付けします。

 

 

冷蔵庫で冷やして召し上がれ♡

 

白やロゼに合わせてどうぞ(^_-)-☆

 

Buonappetito!!