余ったパンで簡単イタリアン粥!

こんにちは~

茶碗蒸しの卵液部分が大好きです!松田です👓

 

今日はイタリア・トスカーナ州の郷土料理「パッパ・アル・ポモドーロ」のお話😊

 

「パッパ・アル・ポモドーロ」とはズバリ「トマトで煮込んだパン粥」!!

固くなってしまったパンを美味しく食べる優しいレシピです。

ニンニクと唐辛子が食欲をそそります。

二日酔いや夏バテの時にもオススメ!

 

私がイタリア滞在時に作ったパッパ・アル・ポモドーロがコチラ。

 

ニンニクと唐辛子をオリーブオイルで炒めたら、トマトペースト、ブイヨン、パン、塩を入れてテキトーに煮込んだだけの簡単お料理💛

仕上げに美味しいオリーブオイルをたっぷり、お好みでチーズや黒コショウをかければいくらでも食べれちゃう美味しさです😋

他にも玉ねぎなどを刻んで旨味増し増しにしたり、バジルやハーブを入れたりとシンプルなだけにアレンジは無限大!

 

パン好きの私らしく、イタリアでもパンは常にストックしてました。

特にトスカーナでよく食べられる無塩のパンは、食事の時には必須。

ブルスケッタやサンドイッチにしたり、お皿に残ったオイルやソースをぬぐったり・・・

そのままだとほとんど味がしないので(小麦の味を感じて慣れるとそれはそれで◎)日本人にはあまり好まれないことが多いイメージですが、トスカーナ料理の名脇役です✨

何と言ってもオリーブオイルやスープの吸収力がすごい!

現地のトラットリアでもだいたいコレが出て来ます。

 

そんなトスカーナパン、元々水分量は少なめのパンなのですが、数日経つと驚くほどカッチカチになります。

(売っているのはだいたい巨大なので一人だと余りがち・・・)

それをよくパッパアルポモドーロにして食べていたのはいい思い出ですね😊

 

現地の食材でつくるその土地の郷土料理はやっぱり特別な美味しさですが、もちろんバケットなどで作っても美味しくできます!

ぜひみなさんもお試しください~!

 

Ciao!