セミドライイチジクを使ったおつまみ

Buongiorno a tutti!!!

マンマです♪

 

カリチェで人気のドライフルーツ。中でも白イチジクが私のお気に入りです。

今日は、そのセミドライイチジクを使ったおつまみをご紹介します。

 

プーリアに旅行に行った時に、お土産に買ったのがドライイチジクにアーモンドを挟んだ物でした。

現地でフィーキセッキマンドルラーティと呼ばれていて、何だかわからずに買ったのですが、美味しくてどハマり!

クックパッドに作り方が出ていたので、真似してみました。

 

セミドライイチジクには干した時につけたと思われる切込みがありますが、アーモンドを挟みづらいので、それとは別に縦に実を開くような感じで切込みを入れます。

 

 

アーモンドは焦げない程度に軽くトーストしておくと更に香ばしくなるのでオススメです。

 

イチジクの開いた部分に、シナモンとレモンの皮を振りかけ、アーモンドを一粒づつ挟んで行きます。

 

 

 

耐熱容器にぎゅうぎゅうに詰めて、150度のオーブンで15分程焼きます。

 

 

冷めたら、消毒した保存容器に詰めて、月桂樹の葉を所々に挟んで2週間ほど香りづけしたら出来上がりです。

 

 

おやつとしてもおつまみとしても美味しいのでオススメです。

これにクリームチーズをのせたらワインが進んじゃいますよ!

 

是非お試しください~。

ではalla prossima!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です