人気のゼロインフィニートが限定入荷!

こんにちは。
イル・カーリチェの森です。

今や入手困難となってしまった大人気の微発泡ワイン「ゼロインフィニート」が僅かながらカーリチェへも入荷しました!

まだ飲んだことない!
という方のために、どんなワインかご紹介します。

ポイエル・エ・サンドリ

生産者はトレンティーノ=アルト・アディジェ州で、一代にして同州を代表する作り手のひとつとなった「ポイエル・エ・サンドリ」。
1975年に畑を購入したフィオレンティーノ・サンドリ氏と、当時醸造学校を出たばかりだった友人のマリオ・ポイエルが意気投合し、ふたりで作り上げてきたワイナリーです。

※生産者HPから引用
左がフィオレンティーノ氏、右がマリオ氏。
マリオ氏はやはりあの有名ゲームキャラクターのようだとからかわれているようです。

良い雰囲気を醸し出すお二人。

彼らは科学的理論に基づいた自然醸造を行い、「ブドウそのものの表現」を追求しています。

「科学的な何かを足したり引いたりするべきではないが、ブドウを健全にワインに変える為の努力は絶対に必要だ。」
というのが彼らのポリシー。
健全なブドウを栽培するだけでなく、その健全なブドウの風味をワインになっても失わないように努力を続けています。

さて、そんな二人が考える究極の「自然派ワイン」。
それがこのゼロインフィニート。

その魅力とは?

野生品種「ソラリス」
ゼロインフィニートに使われるソラリスというブドウは野生品種で、ドイツのフライベルグ大学が古代種を掛け合わせて完成させた品種です。
冷涼地でも育ち、フィロキセラにも耐性を持つ品種なので、化学的なものは一切必要なし。
有機栽培でも認められている「ボルドー液」という殺菌剤すら使用しません。


「何も足さない、何も引かない」

薬剤や酸化防止剤を一切使わず育てたブドウを、自然酵母のみで発酵。
酸化防止剤も一切使用せずに発酵途中でボトリング。
瓶内で発酵を続けることで、優しい自然な微発泡が生まれます。


酵母の滓が残る「にごりワイン」

ゼロインフィニートは瓶内で発酵した酵母の滓がボトルの底に溜まっているのが特徴的。
瓶を立たせたままの状態で置いておき、上澄み部分を飲むとすっきりとした酸と軽やかな果実味のある、瑞々しくクリアーな飲み心地を楽しめます。

瓶底にある澱を撹拌して飲むと印象がガラッと変わります。
色は濁りますが、白桃のような甘い香りやヨーグルトのような乳酸発酵の香りが広がり、飲むと辛口な仕上がりですがリンゴのような果実味や、酵母感を感じることができ、しっかりとした飲み口のワインとして楽しむことができます。

上澄みから少しずつ楽しんでもよし、途中で混ぜて濃密な味わいにしてもよし。
その時の気分や食事で楽しみ方を変えることができる自由なワインなんです。

右がちょっと撹拌した状態。

原材料は「ぶどう100%」。
ナチュラルで自由。そしてハッピーに楽しめるゼロインフィニートをどうぞお試しください!
たぶんすぐ無くなりますので、お早目にどうぞ!!

スパークリングワイン

ゼロ インフィニート

¥3,960 (税込)

もちろん彼らのワインはこれだけじゃありません。
この土地の土着品種であり、彼らにとっても重要な「ノジオラ」もぜひご一緒にお試しください。

テラヴェール

ノジオラ

¥2,970 (税込)

 


 

余談ですがフィオレンティーノ・サンドリ氏の息子さんはめちゃイケメンです。

言うまでもなく左が息子のフェデリコ氏。

生産者あるあるのひとつ「一緒に並んではいけないやつ」でした。

もり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です