プロの料理人も絶賛!シチリアの厳選された素材にこだわった絶品フレーバーオイルの魅力!!

Ciao~はりうです♡ 今日、ご紹介するのはフレーバーオイル🍊🍋

我が家の食卓でも良く活躍してくれてます♪

【フレーバーオイルとは?】

その名の通り、果物などのフレーバー(香り)のついたオリーブオイルです。

メーカーによって作り方は様々で、オリーブオイルに香料を足すものと果実とオリーブを一緒に搾る方法があります。

香料の方は、しっかりとした香りを楽しめるのが特徴ですが、お料理を邪魔してしまうときがあるので注意が必要です。

一緒に圧搾して作るフレーバーオイルは、オリーブオイルをしっかり感じふわっとフレーバーが口の中に広がる柔らかい味わいが特徴かなと思います。

今回、私がオススメする“オリーヴォイル社”は シチリア産の濃厚でジューシーな果実を一緒にすり潰したフルーティで自然なやさしい香りのオイルです!

通常のオリーブオイルは、世界基準の酸度0.8%を大きく下回る酸度0.1%と最高級品質のEXVオリーブオイル

フレッシュな草の香りが心地よいイルカーリチェでも登場して間もないですが、早くもリピーターが出るほど美味しいです!

そんなオリーブオイルのスペシャリストが造るフレーバーオイルは衝撃的な美味しさです(゚Д゚)ノ

10年近くイタリア食材を取り扱ってきた私ですが、なかなか出会わない逸品です。これはプロの料理人も認めるのも納得です。

レモン・オレンジ・マンダリンオレンジの3アイテムを取り扱っています!

それぞれに違った魅力や適した食材があり、お家に1本あるとお料理がより美味しく楽しくなります。

  

さて、なかなか一般的に馴染みのないフレーバーオイルどのように使ってるか。。

我が家の食卓をお見せしながらご紹介(^^)/

★一番ポピュラーなのはサラダやカルパッチョ! 仕上げに少し振りかけるだけで簡単にレストランの味に♪

白身魚やイカにはレモンオイル、カツオなどの赤身にはオレンジオイルをかけるのがオススメです。

我が家では、バケットの上に白魚と唐辛子パウダー、オレンジオイルをかけて食べる カラブリアスタイルにもハマってます。

❝ゆず❞のような風味が特徴的なマンダリンは、旬のハモと合せるという料理人も!美味しそ~

★魚だけじゃない!お肉料理にも!!

昨日のマンマブログでもクスクス紹介していましたが蒸した鶏肉のクスクスに オレンジオイルかけると一気にシチリアの味に~♡

豚肉×レモンオイルもいいですよっ

★番外編

マンダリンオレンジは初めて試飲した時衝撃的でした。通常のオレンジとは全く違うユズやはっさくのような爽やかな味わいと 程よい苦み。

そんなマンダリンは和食との相性バッチリ!お味噌汁や茶わん蒸しなどにかければ、いつもと違った味わいをお楽しみできます。

針生イチオシが日本の三大漁醤の1つと呼ばれる秋田の❝しょっつる❞とマンダリンオイルを混ぜるだけの簡単ドレッシングは 是非とも試してほしいです。

いかがでしたか? 1本フレーバーオイルがお家のキッチンにあれば簡単にレストランの味ができちゃう素敵な食材♡

自分のお気に入りを見つけてお料理をもっと楽しんでみて下さいね♪

オススメな使い方あれば皆さんも是非教えて下さい!