まもなく解禁!2021年新酒「ヴィーノ・ノヴェッロ」

「ヴィーノ・ノヴェッロ」とは?

ノヴェッロという言葉に聞き覚えのある方は、かなりのイタリア通!
ヴィーノ・ノヴェッロとはその年に収穫されたブドウを使い、イタリア各地で造られる「ワインの新酒」のことです。

「ヴィーノ」はワイン、「ノヴェッロ」は新しいという意味で、略してノヴェッロと呼ぶことが多いです。

ワインの新酒と言えばフランスの「ボジョレー・ヌーヴォー」を思い出す方がほとんどだと思います。

私たちのワインショップでもこの時期になると「ボジョレーちょうだい!」という方も多いのですが、ワインの新酒はボージョレ・ヌーヴォーだけではなく、他の国や地域でも造られています。

世界各国、様々な新酒があります。

イタリアでは「ノヴェッロ」、フランスでは「ヌ―ヴォー」、オーストリアでは「ホイリゲ」など世界各地で造られている新酒。
最近では日本の山梨でもしっかりと法整備がなされ、解禁日には収穫とその年のワインを祝うお祭りを行っています。

イタリアでも同様で解禁すると町の教会やワインバー、そして広場の露店などでも新酒が振舞われ、音楽やパフォーマンスとともに新酒を楽しむお祭りを楽しみます。

使用しているブドウ品種も当然各国で違います。
ボジョレー・ヌーヴォーはガメイという品種を使った、非常に軽やかなワイン。
日本ではマスカットベーリーAや甲州。

そしてイタリアでは各地で造られている土着品種で造られていることが多く、それぞれで個性的な新酒が造られるのが特徴です。

 

ノヴェッロの解禁日はちょっと早い?

一番有名なボジョレー・ヌーヴォーの解禁日は11月第3木曜日。
日本の山梨は11月3日など、基本的に11月以降の解禁になる地域がほとんどですが、イタリアのノヴェッロ解禁日は「10月30日」と一足早い解禁日となっています。

元々はノヴェッロ解禁日は11月6日でしたが、2012年に新しいワイン法が施行されて新法律が8月に発効されました。
しかしその年は解禁が1週間前倒しになる事に気付かなかった生産者が続出し、結局解禁日に間に合わなかったなどというイタリアらしいエピソードも。

それにしても世界に先駆けて新酒を楽しめるというのは嬉しいですね。

今年の収穫とワインの出来ばえを一足先に楽しみましょう!

ノヴェッロ解禁日である10月30日まであと僅か!
イル・カーリチェでは厳選した4種のノヴェッロを用意しました。

先述しましたがイタリアのノヴェッロは各地の固有品種で造られているので、個性的なノヴェッロが楽しめます!
ノヴェッロとは思えない程ジューシーで厚みのある味わいや、白ワインの新酒などなど。

ぜひ一足先に今年の新酒を楽しみませんか?
下記の写真をクリックしてご予約下さい!

 

おすすめ記事はこちら